calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

archives

日々の生活の中で

ジメジメの湿気たっぷりの毎日、、
いくら台風が多い時期、季節の変わり目とはいえ、、雨ばかりで嫌になります。

こんなお天気の日はお休みでもお出かけが億劫になってしまいます。

お家でゆっくりしたいなと思ってはいても、あれやこれやとやることは山ほど。。

洗濯機を回して、ゴトコドゴトコド

掃除機かけて、ウィーンウィーン

掃除機を怖がる猫が走り回って、ドタドタ

ご飯を炊いて、ブツブツグツグツ

コンロでお湯を沸かして、ケトルがブォーンブォーン(ホルンの音がするケトルなんです)

まな板からは野菜を切ると、、
シャッシャッ、トントン

何気なくしている毎日のことにいろいろな音がしてます。

私はこの音を耳にすると心が温かくなります。

灯屋ではハロウィーンのディスプレイで店内がいつも以上に素敵な感じになっています。
ゆったりとした音楽で、楽しい一時を過ごして頂けると思います。

ぜひ、お越しくださいませ。

by 黒糖きなこ



音楽情報の宝庫、それは…

残暑厳しい毎日ですが、暦の上ではもう秋です。
歳時記を大切にしている当店では、ディスプレイやBGM等で、

着々と秋支度を始めています。
秋が始まりつつある灯屋を、五感で楽しんでいただけたら…と思っております。

 

 

 

ところで、貴方はテレビ派ですか?
それとも、ラジオ派ですか?

 

 

私の日常はといえば、テレビを殆どつけること無く、

その代わりにラジオをよく流しています。

ラジオは耳さえ傾けてさえいればいいのですから。
そして、多少聴き逃してもさほど気に留めず、

気安く聴き流せるところがラジオの良さの一つだと思っています。

 

 

さらりと聴き流しながらも、実は好んで聴いてる局もちゃんとあるんですムード
お気に入りの番組ならば、

始まりから終わりまでずっと素敵な選曲だったりするんですもの!!
ゴスペル特集、ハワイアンDAYにJAZZWEEK、

名も知らないけど才能溢れる若きミュージシャンのLIVEなどなど…

 


ラジオパーソナリティはサイコーにセンスの良い(そうでもない時もありますが)

心躍る選曲をして届けてくれるんです。
しかもそれが毎日のように放送されるだなんて、

こんな素晴らしいことってありますか?!
超・個人的意見ですが、私にとってこの現象、

テレビでは絶対にありえないてれちゃうことなのです。

 

 

 

不意打ちのように、

私の琴線をビンビン弾いてくる音楽が流れてくるラジオ。
そんな出会いの瞬間を楽しみ揺れるハートにしながら、

今日もラジオをつけるのです。

 

 

BY カフェメランジェ


四季の音

日本には四季がある

 

それに合わせて

様々な自然が織り出す音がある

 

その音を

四季に合わせて楽しむのが好き

 

 

 

 

「春」

 

寒い冬を耐えて

ぽかぽかと暖かさが出だすと

待っていました!と言わんばかりに

虫や鳥たちが動き出す

 

春を知らせてくれる

うぐいすの声

初めは

「ホー、ホケ」

と上手に鳴けなかったが

徐々に上手く鳴けるようになっていく

その変わりゆく音は

春の楽しみの一つ

 

 

 

 

 

「夏」

 

梅雨が明けたと同時に鳴き出す蝉

ニュースの梅雨明け宣言より

確実に梅雨明けを教えてくれる

 

うるさいな!

と思うときもあるが

もし、夏に蝉が鳴かなかったら

とても寂しい夏になるだろう…

 

夕暮れのヒグラシは

昼間の暑さを

やんわりと和らげてくれる音の一つ

 

 

 

 

「秋」

 

窓を閉め切って冷房をつけていた夏から

夕方からは

窓を開けて過ごせるようになる頃

外の庭からは

秋の虫の音がする

 

あ〜、暑かった夏ももう終わるな

とちょっと寂しさを感じる

 

虫の声で

秋を音を楽しむ

日本の童謡「虫のこえ」

というものがある

庭から虫の声が聞こえてくると口ずさんでしまう

「すいっちょん」

と鳴く馬追虫が一番好きな音

 

 

 

 

「冬」

 

静寂な雪が降る冬の夜

しんしんと降る雪の夜は

本当に静か

 

その中

車が通り過ぎる音

車がシャビシャビになった雪を

かき立てていく音

 

家の中を稼働させている音

 

電気の音

洗濯機の音

湯が沸く音

ペットがコソっと動く音

 

そんな日頃気にしないあらゆる音を

静寂な冬の夜に楽しむ

 

 

 

 

 

四季を感じ

四季を楽しむ

 

日本には美しい音が多い

 

 

 

深煎り珈琲より

 


雨音

 

 

2016年も

早いものでもう6月です。

年々、時間が過ぎる速度が増している気がします・・・

6月といえば・・・

そう!

梅雨の季節ですかたつむり

ジメジメ、むしむし

湿度も気温も高くて、なんだかスッキリしない

ちょっと憂鬱な時期ですよね。

今年は空梅雨のような気もしますが、

雨が続くのも憂鬱

降らないのも水不足につながるので問題。

この時期は我慢の時なのかな?と思う今日この頃です。

個人的には

この高湿度は苦手ですが・・・

雨は割と好きなんです。

雨が好きというか、雨音が好きです。

雨音をBGMにして

1日中読書に没頭する。

私にとって

雨の日の最高に贅沢な時間の過ごし方

です。

雨音と一言で言っても色々とありますよね。

雨の降る状況を描写したり

空や雲の様子からも雨の降り方を想像できます。

雨脚の強さによって、雨音の表現は様々です。

しょぼしょぼ

しとしと

ぽつぽつ

パラパラ

ばらばら

ざあざあ

徐々に強くなっていくのですが

音の描写だけで、なんとなく雨が降っている光景が浮かんできませんか?

私は

しとしとと降る雨が好きです。

余程周りが静かでなければ掻き消されてしまうような

とても細かく静かな雨音。

この時の空は、少し明るめなので

窓の近くで空と雨を眺めて

雨音に時々耳を傾けながら

ひたすら本の世界に没頭します。

そこに美味しい珈琲があれば

言うことなし!!

憂鬱な雨の日こそ

色々と聞こえてくる雨音に

耳を傾けて

ゆっくりと読書に耽ってみてはいかがですか?

そして、読書のお供に

美味しい珈琲をぜひ灯屋で。

〜ドミニカでした〜


ハープ

私の好きな音…
それは『ハープの音色』です。

弦楽器の一種で、日本語では竪琴なんて言ったりもします。
一度は耳にしたことがある楽器の一つではないでしょうか?

ハープは最も起源の古い楽器の一つ。
形や大きさ、弦の種類など異なる様々なハープがあります。

大きな特徴が『響き』

楽器に張られたたくさんの弦が関係していて、弾いた弦以外にも他の弦が一緒に振動して様々な音が一緒に響きあうことで豊かな音色が作られるのです。
その中でも、アイリッシュハープは柔らかく乾いた音がします。
どことなく哀愁のこもった曲で聞くと最高です。

私が好きになったきっかけは、
軽井沢に遊びに行った時、高原教会でたまたま耳にしたグランドハープ。
いつかは、習ってみたい(*'‐'*)♪
そんなことを思いながら…機会があって習うこと早何年…。
なかなか上達することができないままでいます。
いつになったらいい音が弾けるかなー?
日々Lessonです!


cafeでは毎週日曜日モーニングコンサートをしています。
もう第七回の『郷の音』
スタッフも楽しみにしています。
深緑と素敵な音楽のコラボレーションが何とも言えません(≧∇≦)
灯屋のお庭がステージに大変身☆
朝からゆったり贅沢な時間を過ごして見ませんか?
いろいろな音に出会うことができますよ…♪

by シグリ



 

| 1/27PAGES | >>