calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

archives

松風

私の好きな音・・・それは「松風(しょうふう」です。
松風とは茶の湯の音。

釜でお湯を沸かすとき、煮える釜の湯の音の形容として使われます。
釜の沸く音を松林を渡る風の音に見立てた風情ある言葉です。

音は徐々に変化しまさに佳境「シューシュー」もしくは「シュンシュンシュン」と松風を奏で
お茶を点てるのに最良の湯となるのです。

文字にするととても軽々しくなってうまくその音を伝えられませんが
静まり返ったお茶室にその音が鳴り響くとなんとも心地よいのです。

静寂を旨とする茶の湯においてお茶室には、お茶をたてる茶筅の音、
柄杓に取った湯を釜に戻すときの音、畳をすり足で歩く時の音。
さまざまな音が存在し五感を刺激してくれます。

何年続けても納得のいくお点前ができない奥深い世界・・・。
素敵な先生に手ほどきを受けながら結局最後はそんなことも忘れ
「あぁ、おいしいお茶だった」と満たされる最高にいい時間です。

耳に心地よい松風を奏でられるよう日々精進です。

written by マンデリン



 

日本人と「音」


「日本人と音」


 今年のブログのお題が「音」と決まり、さてさてどうしたものかと・・・

誰にでも心の琴線に触れる「音」がある。

心癒される「音」、心乱される「音」・・・

日本人は「虫の音」を声と聴き、西洋人は雑音と聴く。

そこには脳の使い方に大きな違いがあるという。

日本人は虫の鳴き声、波、風、雨音などを言語と同様の左脳で聴き、西洋人は楽器や雑音と同

じく右脳で聴いているという。

それは母国語の違いが影響しているそうだ。

日本人でも外国語を母語として育てられると西洋型になり、「虫の声」も聴けなくなるのだ。

日本の季節の移り変わりとともに「音」も生まれる。

世界広しとは言え、生活の「音」自然の「音」に耳を傾け風流と思える・・・

そんな日本人の美意識の高さと感性を私は誇りに思う・・・


by colombia supremo



はや3月……

 

お久しぶりです!

年もあけ、2016年もはや3ヶ月も経ってしまいました・・・
首をなが〜くして待っていただいた皆様、お待たせいたしました!


今年のテーマが決まりました!

今年のテーマはずばり!

『音』

です!

音、おと、sound・・・
なかなかブログのテーマとしては見慣れないジャンルです。
しかし、個人の趣味嗜好が大きく出る、面白いテーマとなりました

さあ、新たな年を迎え、新たなテーマではじまります!
いったいどういう記事になるのでしょうか・・・
いまから楽しみです

それでは早速一記事目、いってみましょう!!




2016 灯屋


クリスマスマーケット

なにかと忙しい師走ですが、街中もイルミネーションでキラキラしていて、
わくわくする12月・・・

気がつけば、あと9日でクリスマスですね!

サンタさんがいらっしゃるのは、グリーンランドやフィンランドなどの北欧ですが、
クリスマスと言えば、私の中ではドイツなんです。

私が行きたいところは
ドイツ・クリスマスマーケットです!

ドイツでは、年中クリスマスのお店や施設がたくさんありますが、
11月後半からは、ドイツ圏ほぼすべての都市、小都市が日本で言う
縁日のように、ライトアップされた広場や通りに出店が並び、クリスマスグッズはもちろん
簡単な食事やホットワインやホッとチョコレートが売られます。
大きなクリスマスマーケットでは、クリスマスタワーや観覧車、メリーゴーランドも
あるみたいで、小さな夜の遊園地のようです。


本場の雰囲気を感じたい、でもなかなか行けない、、、
でも、安心してください!

名古屋の久屋広場で、クリスマスマーケットやってるんです!
ここなら、気軽に遊びに行けそうです(笑)

灯屋のクリスマスマーケットにも負けない暖かい色味のディスプレイも
あと少しで終わってしまいます。。。
ホッと一息されたい時はお越しくださいね。
お帰りになる時はあったかい心持になって頂ける様、
店内もぽかぽかにして、お待ちしております(^−^)


by 安納芋のスイートポテト


星空トロッコ

 さぁ、今日から12月、師走です。

店内には今年も、スタッフによる渾身のクリスマスディスプレイが施されています。
一見の価値アリです!

私たちの目を楽しませていた木々も落葉し、季節はすっかりと深まりましたね。
そんな時期には、珈琲が良く似合います。
当店ではストレート、ブレンドをはじめ、
アレンジを凝らした珈琲メニューもたくさんご用意しております。
アナタだけのお好みのテイストを見つけに、是非ご来店くださいませ。


さてそれでは、ブログテーマの『私の行きたい場所』をご紹介しましょう。


旅番組や雑誌などでもしょっちゅう取り上げられている景勝地・黒部渓谷。
紅葉のシーズンには殊更に素晴らしい眺望だった事でしょうね。

谷を走るトロッコに乗れば、旅の気分もきっと最高潮に達すること間違いなし。
こちらの黒部渓谷トロッコ鉄道では、年中様々なイベントを行っているんだそうです。


その中でも、特に私が注目しているのが、
『星空トロッコ』なるイベントです。


こちら、一年にたった四日間だけしか行われないという、
なんともスーパープレミアムな催しなんです。
お天気次第なのですが、天の川までくっきり見えるそうです。

ただ満天の星空を眺めるだけでも感動的なのに、
大自然の中、トロッコに乗りながらだなんて、
まるで物語の主人公になった気分ですね。
まさに、銀河鉄道の夜を地で行くイベントです。

宮沢賢治の小説片手に、といきたいところですが、
視線は一文字も追うことなく(辺りは真っ暗だし・・・)、ずっと星空に釘付けでしょうね。


BY:クリスマスブレンド

<< | 2/27PAGES | >>